HOME
GREEN 〜秋空のスクリーン〜
メーカー Jellyfish 評価
ジャンル 学園恋愛AVG 発売日 1999/12/29
メディア CD-ROM×2 価格 8800円
動作OS WIN95/98 HDD容量 600MB以上
原画 滝 美梨香 BGM MIDI・CD-DA
シナリオ MAB 音声 有り

★★★ 感想 ★★★
アニメを使用したHシーンの滑らかな動きに感動しました。エロだけで無く、ストーリー的にも面白かったので、ドラマを見ている感覚でPLAYできました。自主制作映画と言う設定も良かったです。

あらすじ
舞台は学園祭を1ヶ月後に控えた武蔵ヶ丘学院。
主人公の所属する部員わずか3名の映画部にとって、今年の学園祭は重要な意味をもっていた。だが、そこに予期せぬ問題が発生する。
主演女優だった女生徒が映画への出演を拒否したのだ。
戸惑いながらも、監督としての潜在能力を発揮する「主人公」。
女優未経験の不安を抱きながらも、着実に成長して才能を開花させる「真琴」。
ひたすら、主人公を慕い、健気に影で支える「茜」。
果たして、主人公達は、無事に映画を完成させられるのだろうか?

シナリオ
映画制作にかける情熱が伝わってきました。
苦労した事や楽しかった思い出が、青春の1ページに刻まれる熱いドラマです。
一見すると、青臭い青春ドラマみたいですが、それがまた良かったりします。
主要キャラは3人と少ないですが、結構立っていて楽しいです。
ボーナスシナリオで、加奈子先生の待遇が補完されているのですが、本編でも、もう少し彼女との絡みが欲しかった気がします。
キャラでは、真琴はメインヒロインだけあって、立ってるのは当然ですが、他のキャラについても、もう少しインパクトが欲しかったですね。登場するキャラの数も少なかったですし。

システム
セーブ数は10個で、いつでもセーブ可能ですが、ロード後にセーブした場所ではなく、かなり前に戻されてしまったのが残念でした。しかもロードのスピードが遅いです。
スキップは、CTRLキーによる強制スキップのみ可能ですが、これもスピードが遅いです。
又、アニメをスキップ出来ないのでイライラしました。
読み返し機能は有りますが、ログが1ページ分しか表示出来ないのが残念です。
ゲームクリア後に、CG・ムービー・音楽鑑賞モードと、ボーナスシナリオが追加されます。

グラフィック
ムービーの出来は圧巻です。噂通り、素晴らしかったです。
カメラアングルも良く考えてあって面白かったです。でも、撮影シーンで、同じアニメを繰り返し見せられると飽きてきます。
キャラデザもアニメ風で癖があります。綺麗と言うよりかは、アニメに適した絵かと思います。目パチと口パクを装備しています。口パクがセリフと合っていませんが、あまり気になりませんでした。
驚いた表情が、いきなりギャグ漫画風の絵になるので笑えました。
キャラの横顔のデザインには違和感が有ります。口がデカすぎ。(口パク仕様なのか?)
イベントCGは鑑賞モードに表示される分(静止画)で45枚なので、少々物足りないですね。
まあ、その分を動画で補っていますが・・・
CGは256色ですが違和感はなかったです。まあ、現在のフルカラーが標準のゲームと比べると、劣るのは否めないですけど。

サウンド
MIDIで全31曲です。やっぱりCD−DAと比べると音質は落ちますね。全体的なクォリティはそれ程高くは感じなかったのですが、ピンポイントで良い曲がありました。特に「陽だまり」がお気に入りです。太陽の暖かさにつつまれるような心地良いメロディでした。他には、「優しさにつつまれて」や「唯ーつ(EP Ver)」も良かったです。エンディングのみCD−DAのボーカル曲が収録されていますが、あまり印象に残らなかったです。CVは男女共に有ります。特に真琴の声は良かったです。でも、一部、語尾に音声が切れる場合が有りました。

Hシーン
ラブラブかつエロいので満足です。乳がうねうねと揺れます。(´Д`;ハァハァ
今までのエロゲーの中でも、かなり実用性が高い方だと思います。
現在、ほとんどのエロゲーは、静止画+冗長なテキストで表現されているので、脳を酷使して想像力を働かせないと楽しめませんが、このゲームの場合、全て動画で表現されているので、滑らかな動きを視覚的に楽しめました。何も考えずとも、見ているだけで本能を発揮出来るのです。これは、かなりのご馳走です。まさに、上にぎり!? (はぁ?)
この視覚効果は、静止画に慣れている私には、かなり新鮮に感じました。
モザイクは、もう少し薄くても良かったかなって感じはしますが・・・

キャラ紹介(括弧内の数値は萌え度)
お気に入りキャラは「真琴」です。と言うかキャラ少ないし・・・(汗)
なにげに、映画部の部長である中田の無表情な顔が怖かった。
  ■水野 真琴 (75%)
  主人公が制作する映画の主演女優。明るくて元気な性格。
  萌え〜〜〜。「にゃはは」って笑った時が最高。
  可憐な演技も披露してくれます。特にHシーンが…(爆)
  ■桜井 茜 (70%)
  主人公と同じ映画部に所属する後輩。ひかえめで真面目な性格。
  健気で良い子なんですが、地味だったかな。
  ■高橋 加奈子 (55%)
  美術専攻の教育実習生。
  優しくご指導してくれますよ。(笑) なかなかのテクニシャン。(謎)

総評
ゲームクリア後も活用できる一本。下手なAVよりも効果的ですね。(笑)
これからの、エロゲーはアニメの時代でしょう。
静止画とテキストの時代は終わりました。もはや過去の長物です。
動画でこれだけのクォリティを実現できるメーカーは、稀少だと思います。

(Javaを無効にしていると表示できません)

GREEN

+++update:2002/04/03+++
シナリオ システム CG 音楽 萌え アニメ
70 65 70 70 95 70 90

HOME